読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢で会った話

たまたま入ったオシャレな珈琲店。

広くて、アンティーク調で、結構混んでいたんだけど、

たまたま働いている貴方に遭遇して「ちょっと手伝ってくれない?」と会えた喜びもつかの間、いきなりバイトすることに...貴方はいつもトレイが手にくっついてて今考えるとおかしいです。

学生らしい垢抜けない女の子や男の子がスタッフで、私も頑張らなくちゃ!と思って黒いエプロンをロッカーから出そうとしたらエプロンが汚れてて私が幼稚園の頃履いていたくたびれたピンクのスニーカーが出てきてハッとしたの。