4月

やっと終わる。一日はいつも長い。今ベッドにいるのだけど何をしたらいいか分からず、カーテンを開けて全部の窓を開けて風と、たまに聞こえる電車の音を聞きながら面白いリツイート集を見ています。パソコンに疲れたら履歴を削除、スリープ機能にして、彼女の借りている本を読む。少しエッチな内容だったので欲求不満なのかな、とも思いつつこれほど何もしない彼女はあの人のことを「同居人かつ取引先」とぐらいしか思っていないのだろうか。彼はリア充でもあるので連休は半分くらい外出する。私はとても気が楽です。いつか貴方と一緒に上島珈琲に行くのを夢見ています。とても楽しいです。