検索「パテの作り方」

不思議な現象で、私が彼女なんじゃないかと錯覚するときがあります。帰り道はとてもウキウキしていたのに家に着くとずっと険悪なムードで電話してて...彼女はリビングのドアをそっと閉めブラームスのシンフォニー第一番をイヤホンで聴きながら、冷えたキッチンで一人約一時間読書をして待っていた。内面の状態が今見ている世界を思い込んで写しているなら、まだまだ変えられるはずだよね。本当に孤独な人は可哀想じゃないんだよ。本当に傷付いている人は自覚がないか、隠すものだから...月のように死んで、また生まれ変わるって。そういうのは貴方は信じる?