思い出、混乱。

「今から家行ってもいいですか?」って連絡が来て、普段作るのにカルボナーラが緊張して上手く出来なくて後悔して...初めておうちに来て泊まったこと、ずっと好きだったのに戸惑ったこと。近所のスーパーに一人で行き、那由多というお酒を買って来てくれたこと。怖くてキス以上のことが踏み出せなかったこと。弟のお誕生日プレゼントだと知らずアクセサリーを買う貴方にそっけない態度をとってしまったこと。クリスマスにイルミネーション巡りしてお菓子のおうちを作ったこと。美術館の講義で静かに寝てたこと。そんな記憶が鮮明に反映された今夜。意識が曖昧、あれは私じゃない。