理解し始めていること。

私が弱者だということ。貴方が唯一無二の存在だということ。一年前急に離れたのはKの気持ちを尊重して未練を断ち切ろうとした行動だったこと、そして「2年後」といったのは、その結果に少しだけ期待しつつも覚悟を固める意志があったこと。違っていたらごめんなさい。でも益々好きになりました...という妄想。恥ずかしくて会えないです。