久しぶりの会話。

いつぶりだろう、彼女と話すことが出来ました。とても悲しそうで、息が詰まっていて苦しそうでした。耐えられそうになくて、それでも平気な振りをして。どうして二人はそんな風にするの。