夜の散歩。

風が強い。雲の動きが早くて、お月様が見え隠れして。眺めているとタマゴに見えて、あれは私のお腹の中にいるタマゴなんじゃないかと思った。巡って彷徨って何も出会わないまま死んでゆくの。彼女、だいぶ生き急がなくなったよね。ああいうタイプは止まれなくて大変そうだなと思ってた。何か心の中で変化があったのかな。何も言わないから解らない。